夏の暑さでかく汗が加齢臭の直接的原因と考えられています。しかし、加齢臭の原因を探っていくとノネナールが原因だとわかりました。

汗の成分のうち、水分は99%。残り1%にもアミノ酸や尿素のように保湿できる成分が入っています。汗は無色透明で、無臭だった……?とすると、加齢臭を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

加齢臭の原因はノネナール!発生しやすい部位は?

加齢臭はノネナールと呼ばれる物質が酸化して発生します。中高年の特有の体質のことで、皮脂の酸化が原因。汗のにおいは、酸素(O2)に触れることで発生します。放置したままにしておくことで皮膚からいやなにおいがします。

汗をかいて、臭いがすると感じるのは「アポクリン腺」からの汗で、酸化をして皮膚の常在菌と反応することで独特の臭いになります。細菌で臭いが強くなるわけです。

女性だと、若い頃は女性ホルモンで皮脂の分泌が抑えられているものの、女性ホルモンが減って男性ホルモンが優位になることでノネナールが増えてしまいます。女性ホルモンは20代後半がピークで、30代になると減少していきます。

加齢臭が発生しやすい部位は、

・頭
・耳
・首すじ
・わきの下
・胸
・背中
・デリケートゾーン

です。下半身よりも上半身が加齢臭のしやすい部位です。酸化することで臭いが強くなるため、汗をかいたらこまめに汗ふきシートやウェットシートを使って対策をしましょう。

汗ふきシートを使って加齢臭を防いで!

加齢臭の予防として一番なのは、汗をかいたらそのまま放置せずにこまめに拭くことです。汗をかいた後、放置することで酸化がはじまり、細菌と混ざり合うことで体臭の原因になります。

ドラッグストアでも汗拭きシートは売っているので、汗をかいたと思ったら拭くようにします。清潔な状態を保ちましょう。

汗を拭くことで体温が下がり、リラックス効果もあります。リラックスした状態は、緊張状態よりも汗をかきにくくなります。

一番よくないのは、香水やオーデコロンで加齢臭の臭いを対策することです。細菌が発生した状態に重ねて香りを加えることは、香りが対立してしまうのでおすすめしません。いい香りにするのなら、まずは汗拭きシートで汗をかいた部分をふき取ってから、香水をつけるようにしてください。

商品によってはメンズ用が売っています。大判タイプの商品は、女性も愛用者が続出しています。香りつきの商品のほか無香料もあり、拭き取る部分が広い女性はメンズ用を使って対策することもおすすめです。