加齢臭の原因はノネナールですが、居酒屋で飲む時に頼むメニューでも増える、増えないの違いがあります。一般的に、おじさんが好んで居酒屋で注文するメニューはノネナールが増える食品と区別ができます。

食べると加齢臭発生!危険な食品はこれ

加齢臭の原理は、ノネナールが発生して体外に排出されてしまうことです。体内に過酸化脂質が増えることでノネナールが増えます。このノネナールの原因にもなる過酸化脂質を”多くする”食べ物が存在します。

いわば加齢臭のもととなる食品があります。

おじさんと呼ばれる人は、居酒屋で

・揚げ物
・炒め物
・ポテトフライなど

を注文することが多いです。これらはすべてノネナールを増やしてしまう危険な食品です。

避けたい!過酸化脂質を増やす食品

居酒屋で加齢臭を増やす食品として挙げられるものは、

・鶏のからあげ
・コロッケ
・メンチカツ
・ステーキ
・ポテト
・オニオンリング
・てんぷら
・野菜炒め

です。どれも居酒屋の代表的人気メニューです。ただ、居酒屋でも過酸化脂質を分解できるメニューが存在しています。 それがビタミンB2が含む食品です。

オーダー内容によっては加齢臭を防げる!

居酒屋でも、過酸化脂質を元々あまり含まない食品や、ビタミンB2のような過酸化脂質を分解できる食品を合わせ食べすることで、未然に加齢臭を防ぐことができます。会社の飲み会などでは、避けることができない居酒屋ですが、注文するメニューを配慮することで体臭に悩まなくてもよくなる可能性が高くなります。

・あじやいわしなど青魚の刺身
・冷ややっこ
・トマト
・きゅうり
・おひたし
・納豆
・サラダ

基本的には、くだもの、野菜を中心にした生活だと加齢臭に悩みにくいと言われます。肉でも豚しゃぶ、青魚のお刺身を食べることで加齢臭を予防できます。

ビタミンB2は、にんじんやセロリ、パセリといったセリ科の植物に多く含まれているため、サラダやスープにして飲むといいでしょう。

ほか、サポニン、イソフラボンといった大豆製品にも多く含まれているため、冷ややっこや湯豆腐も加齢臭予防になります。ごまのリグナン、セサミンも抗酸化物質で、ごまあえにして食べるといいでしょう。野菜中心の食生活をすることで加齢臭を防ぐことができます。

ハンバーガーやポテトフライ、ポテトチップスなど欧米化が進み、ファストフードやこってりした肉食だと加齢臭に悩む人が多くなっています。和食中心のヘルシーな食生活をすることで加齢臭に悩むことが少なくなります。自分ではあまり気づかないかもしれませんが、加齢臭に悩む周囲は言いたくても言えない状況になっています。