加齢臭は耳の後ろや背中だけでなく、頭皮からもしている可能性が高いです。そのため、頭皮ケアをしてシャンプーを変えてみることは大切です。ただ、頭皮用のシャンプーを買っても間違ったシャンプーとトリートメント方法だとにおったまま。一度、正しいシャンプー方法を復習してみましょう。

正しいシャンプーの方法ができていない人が多い!

女性の加齢臭で頭皮臭が気になっているのなら、頭皮を洗える加齢臭や頭皮臭専用のシャンプーを使ってみましょう。女性は男性よりも身長が低いことが多く、異性と話している時に頭皮が臭うことで印象が悪くなることがあります。頭皮ケアはスキンケアよりも間違った認識のままでいる人も多く、丁寧な正しいケアができていない人も多いです。

(正しいシャンプーの仕方)
1.シャンプーの下準備としてブラッシングをしておく(頭皮の汚れ、皮脂を落とす)
2.髪の毛をあらかじめしっかり濡らしておく(予洗い)
3.【ちょっとした裏技】シャンプー時に毛先だけトリートメントをつけてからシャンプーをつける(カラーリングの色落ちを防ぐ効果もある)
4.シャンプーだけで泡立てる
5. 頭皮に「泡」を乗せてつかう
6.頭皮を指の腹でマッサージする
7.すすぎは1分以上はかけて洗い残しをなくす
8.トリートメントは頭皮につけず毛先を中心にする
9.トリートメントもしっかり洗い流す

普段、気にせずに流れ作業で行っていたシャンプーとトリートメントのステップが、思ったよりも守らなくてはいけないルールがあることに気付かされるはずです。シャンプーの泡立ては泡立てネットや泡立て器を使っても構いません。

もちろん、
・熱いお湯
・シャワーの圧
・シャンプーを地肌につける
・シャンプー量のつけすぎ
・トリートメントを頭皮につける
などの行為は避けてください。

全て守っても頭皮臭・加齢臭に悩んだらお医者さんへ!

頭皮の臭いに悩んでいて、全て守っても改善されない場合は医師に診療を受けるのも考えてみましょう。

・脂漏性皮膚炎
強いかゆみを伴い、フケや炎症がある症状 原因はカビの一種、マラセチアなので病院で治療するのが早期解決の第一歩です。

・トリメチルアミン尿症
身体から魚の腐った臭いがする症状。汗や尿から食べ物消化の際のトリメチルアミンが分解できないことで起こり、別名は魚臭症。生ごみのような臭いの口臭や体臭なので、病院に行くようにします。

・糖尿病
甘酸っぱい体臭がするようになり、病院では血液検査ですぐに判明します。

ただしいシャンプーやトリートメントの方法を取れば、頭皮臭や加齢臭も改善しますが、病院に行き、医師に診てもらわないといけないケースも存在します。