加齢臭はもちろん、制汗剤のようなデオトラント製品に使われているのがミョウバン。

ミョウバンというと、昔から食用としても使われてきました。漬物の色落ちを防ぐ材料として使われたり、煮物の煮崩れを防止したり、あく抜きとしても使われてきています。スーパーには調味料コーナーで販売されていることが多い商品です。このミョウバンには殺菌作用があり、生ごみ消臭や包丁殺菌、まな板の殺菌にも使われているほか、海外では制汗剤として使われていてデオトラント剤としても使われてきました。

ミョウバンが加齢臭に効果的な3つの効果

加齢臭の原因となる汗臭に効果的なミョウバンの3つの効果があります。

殺菌効果……水に溶けることで酸性となるミョウバンは、雑菌繁殖をストップさせる効果があります。肌にミョウバン水をつけることで雑菌を繁殖させにくい効果があります。皮脂や古い角質の分解が行われないため、加齢臭の対策としても使うことができます。殺菌して体臭の防止ができます。 

制汗効果……汗に臭いの素の成分があります。汗をかくことで雑菌が分解され、汗が臭くなります。元々の汗を抑えることで臭いの原因が少なくなります。

消臭効果……ミョウバンは金属が含まれていて、現在の日本では工場で作られています。酸化還元の消臭効果があり、特にアンモニア臭と結合します。アンモニアはアルカリ性の代表格で、ミョウバンを水に溶かしたミョウバン水は酸性。アンモニアのアルカリ性と酸性が結びついて臭いを消す効果があります。

ミョウバン水やミョウバン浴……加齢臭の防止に!

ミョウバンをどうやって加齢臭予防にするかというと、ミョウバンが配合されているデオトラント製品を購入するほか、ミョウバンを適量水に溶かしたミョウバン水を作ったり、ミョウバンを溶かしたお風呂に入って殺菌したりする方法が取れます。

簡単なミョウバン水の作り方は、100円程度で作ることができます。

(ミョウバン水の作り方)
ミョウバン16g
水500ml
ペットボトル

ミョウバンは100均ショップのほか、スーパーでも購入ができます。水はミネラルウォーターのほか、水道水でも構いません。

材料を振り混ぜるだけでミョウバン水を作ることができます。ミョウバン水は、朝起きた時に汗をかいていると感じたらスプレーをしたりして使えます。

作ったミョウバン水を50ml程度浴槽に入れてかき混ぜることで、ミョウバン浴ができます。金属製の浴槽だと入れすぎることで傷つく原因になるので、少量から始めるといいでしょう。