加齢臭は、年齢が高くなると発生する体臭のことです。加齢臭は男性に多いものと思われがちですが、実は女性にも多いです。そしてケアを怠っていると20代や30代からも起こるとか……。加齢臭とは何?そして、セルフチェックの方法とは。詳しく調べてみました。

加齢臭とは何?女性だって注意!?

加齢臭は、2001年に資生堂が発見した高齢者の体臭の原因、 ノネナール (C9H16O)  によるものです。

ノネナールを発見した研究員の土師信一郎氏は、年齢とともに増えたり変化する体臭のことを「加齢臭」と命名。加齢臭は、 年齢を重ねることで増えるパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が、皮膚の常在菌によって増えたり酸化することで起こると言われています。

加齢臭の臭いは人によって違う!

加齢臭は人によって違う臭いになります。一概にこの臭いが加齢臭だと言い切ることはできません。

・脂のようなにおい
・青臭いにおい
・バターのようなにおい
・おじさんくさいにおい
・チーズのようなにおい

加齢臭は女性にも起こりえます。人によっては20代、30代でも加齢臭があり、 中高年に多い体臭ではあるものの、夏の暑い時期や冬の満員電車などは汗の量も増えてしまうため、注意しないといけません。

セルフチェックで予防!加齢臭がある?ない?

加齢臭を自分自身で確かめる方法はないものでしょうか。 

加齢臭をセルフチェックする簡単な方法がります。もしかして加齢臭かもしれないと思っているのなら、ティッシュを加齢臭がすると思う部分に押し当ててみてふき取ってみてください。ティッシュに臭いがついていると感じるようなら加齢臭だといえます。

(チェックしたい部位)
・頭頂部(頭皮)
・顔のTゾーン(ひたい、鼻)
・首の後ろ
・耳の後ろ
・わき
・胸の谷間

また、普段から使っている洋服ににおいが染みついていて加齢臭がすると気付く場合もあります。一番顕著な例だと枕やシーツで、寝ている間に頭皮や体臭が移って「なんだか臭い……」と感じます。パジャマも数日同じものを着ていることで、臭く感じます。

気になりはじめると自分も周囲も気になる加齢臭は、何もエチケットをしていないと周囲が臭いと感じてしまいます。

生活習慣をはじめとしてちょっとしたボディケアをすることで体臭を抑えられることもあり、注意が必要です。男性は皮脂量が多いので男性特有のものかと思い込んでいる人もいますが、女性も注意していないと加齢臭が起こります。自分自身でまずはチェックをはじめてみましょう。